須藤凛々花の『人生を危険にさらせ!』を読み直して見えて来たもの・・・