洋榎「大好きやで、絹っ」絹恵「うちもや、おねーちゃんっ」