大森靖子、謝罪を受け入れず。