毎日「好き付き合って」とメールしてくる同僚に、少しずつ惹かれていた。しかし、私以外にも口説いていた女が大量にいた。男性恐怖症になった私はJKやJDに手を出した