会うたびに私が実家に帰ってないかどうか探りを入れるウトメ。うっかり会おうものなら子供みたいに駄々をこねて「今度は私たちの番!」と主張する