夏奈「藤岡、お前小さいほうが好みなのか?」藤岡「小さい……?」