恭介「理樹と鈴をくっつける」