パワハラ上司の、罵倒と説教の嵐でついに鬱になった俺は、毎日終電の線路見つめては飛び込むか迷う状態だった→死ぬんなら復讐しようと思い決行した。