大トメが「嫁子の腹の子は夫の生まれ変わり」と信じてて周囲もちやほや。私「この子は唯一無二の子。誰かの代わりじゃない」夫「そういうことにしとけよ。それで丸く収まるんだから」