金本監督「なかなかそうはね。う~んまあ、そうですね」