大学の頃、喪男の俺は、大人しそうな美人に「この人なら受け入れてくれそう」と、付きまとい、押しに弱いはずだとめげずに告白していたが...