ドルオタが内心思っていること