嬉しいやら恐ろしいやらで何も手に付かない