八幡「そこにいたのは眼鏡をかけた雪ノ下だった」