【高柳明音への愛が度を超えた場合】