豊永阿紀、「皆さんはお気づきだろうか。」